«

»

9月 26 2013

ffmpeg によるオーディオファイルの変換

ffmpeg というビデオ/オーディオのフォーマット変換のコマンドラインのアプリケーションがあります。

グラフィックインターフェイスに慣れてしまうと、コマンドラインはなかなか面倒くさいものです。
MS-DOSからWindowsに移る頃はまだまだコマンドラインの方が好きだったのですが、慣れとはこういうものです。

そして今、僕の使っているOSは Ubuntu 12.04 LTS (Linux)です。

さて今回、WMA形式のファイルをMP3形式に変換しないといけなくなりました。
今まではWindows XP上でdbPoweramp Audio Converter を使っていたのですが、試用期間が過ぎてしまい使えなくなってしまいました。
そこで、Ubuntu で動作するコンバータを色々調べてみたのですが、なかなか見つからず、見つかったのがこの ffmpeg でした。

ffmpeg はビデオファイルからオーディオデータを抜き出してファイルにすることができる優れものです。

ビデオファイルからオーディオファイルを抽出するのはこの ffmpeg でうまくいっていました。
でも、できるはずのフォーマット変換がエラーが発生してできません。
ビデオファイルからのオーディオデータの抽出は変換が必要ないのでビデオファイル内と同じオーディオフォーマットならうまくいってたんですね。

どうやら変換するためのコーディックがインストールされていないようです。
具体的には libavcodec とかいうライブラリーをインストールする必要があるようです。
でも、Ubuntuソフトウェアセンターではインストールできませんでした。

色々調べてみると

sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras

というお呪いをコマンドラインから実行するとライブラリーがインストールされて、無事オーディオ変換ができるようになりました。
こちらのページを参考にさせてもらいました。
ありがとうございます。

QR Code Business Card